[ オピニオン ]

社説/モノづくりリノベーション−中小の潜在市場開拓に生かそう

(2016/7/18 05:00)

政府・与党は大型補正予算によって、経済政策「アベノミクス」を強化する方針を打ち出している。だが、もともと中小製造業は大企業の海外生産拡大もあり、リーマン・ショック以降の受注減から抜け出せず、事業所数は減少が続いている。

こうした中小の生き残り策として「リノベーション」を提唱する報告書を機械振興協会経済研究所がまとめた。老朽化した建物を新築状態に戻すことをリノベーションと呼ぶが、報告書では「中小企業が自社の中核資源や外部資源を活用し新事業展開につなげる行動」とした。

それによるとリノベーションは、まず自社の中核資源を再認識し、次に顧客や社会の動向を把握して技能活用戦略を立案する。必要なら外部資源と連携し、技能を生かしたモノづくりに取り組むという手順で進める。さらに「開放特許活用型」「デザイン活用型」「女性力活用型」の3タイプに分けて成功事例を示した。

開放特許活用型は、大企業の膨大な未利用特許権を活用して新事業創出につなげる。川崎市が初めて本格的に取り組んだことから「川崎モデル」と呼ばれる。大企業と大学が共同開発したチタンアパタイトの特許をもとに、中小企業が抗菌塗料を開発した事例を紹介した。

デザイン活用型では、長野県の中小金型メーカーがキャラクターなどのフィギュア(人形)と生活用品を手掛け、事業を3本柱に育てた例がある。また川崎市のヘラ絞りの受注会社が新潟市の中小企業と組み、漆をコーティングしたビアタンブラーを製品化。売上高の15%を占めるまでに成長させた。さらに女性力活用型では、生産年齢人口の減少対策として“リケジョ(理系女子)”採用で成功した全国の事例を紹介している。

こうしたモノづくりリノベーションは、潜在的な市場を顕在化する手段だ。意識すれば自社の技能、あるいは外部資源との連携による補完で、新しい価値を創造できるのではないだろうか。大企業という既存市場に過度に依存しない経営戦略構築のヒントになるかもしれない。

(2016/7/18 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる