[ 機械 ]

ヤマハ発、海底探査レース参加 日本チームに技術者派遣

(2017/5/11 05:00)

  • 自律型海中ロボのイメージ

【浜松】ヤマハ発動機は10日、無人海中ロボットによる水深4000メートル級の国際海底探査レースに参加すると発表した。日本の産学官連携チーム「クロシオ」に技術者1人を派遣した。マリン事業、無人ヘリコプター事業で培った技術や世界に展開する拠点を生かし、チームへの貢献を目指す。

クロシオは海洋研究開発機構(JAMSTEC)や東京大学、三井造船などで組織する。ヤマハ発は共同研究契約を結んで参画。自律型海中ロボットや洋上中継器の開発や製造を通じ、制御技術の高度化や深海における事業可能性を探る考えだ。

レースは米国のXプライズ財団が主催。今年9月に水深2000メートル海域、2018年9月に水深4000メートル海域での海底マップの構築とターゲットの写真撮影を行い、同年12月に結果が発表される。

(2017/5/11 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!マシニングセンタ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!マシニングセンタ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

会社の“終活”読本
―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

会社の“終活”読本 ―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

わかる!使える!溶接入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!溶接入門 <基礎知識><段取り><実作業>

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン