INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

超小型衛星が拓く・宇宙開発(15)愛知工科大−LEDで夜空に“人工の星”

(2017/5/19 05:00)

  • AUTキューブ2のイメージ(愛知工科大提供)

愛知工科大学工学部の西尾正則教授らは、目で見える“人工の星”を夜空に作り出す超小型実験衛星「AUTキューブ2」のプロジェクトを進める。高度613キロメートルで、衛星に搭載した発光ダイオード(LED)を点滅させ、肉眼で見られる最も暗い「6等星」の星を作る。LEDの点滅を目で確認する技術の実証を行う。

同大を中心に、蒲郡製作所(愛知県蒲郡市)などの地元企業や愛知県蒲郡市などと計画を進める。西尾教授は、「衛星のLEDを点滅させ、スマートフォンで受け取るといった新しい光通信手段に使えるのでは」と期待する。

手のひらに載るサイズの超小型衛星「キューブサット」を利用し、夜空に肉眼で見える“星”を作ることがAUTキューブ2の特徴。将来、望遠鏡を持っていない人でも手軽に衛星を確認できるメリットは大きい。

衛星の大きさは1辺約11センチメートルの立方体で質量は1・68キログラム。2018年2月までに衛星を完成させ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に引き渡し、同年度中に国産ロケット「H2A」で打ち上げられる予定だ。

また衛星に魚眼カメラを2個設置し、撮影した画像を地上に送ることで、仮想現実(VR)のコンテンツの開発に生かす計画もある。「地球や太陽、月、星が同時に見られるのは宇宙だけ。地上でヘッドマウントディスプレーを装着し、宇宙遊泳を体感できるシステムを作りたい」(西尾教授)と地上での宇宙体験の実現に向けて計画を練る。

(冨井哲雄)

(金曜日に掲載)

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン