[ 科学技術・大学 ]

京大、未分化iPSを1―2時間で効率除去 再生医療の安全性向上

(2017/5/19 05:00)

  • (上)D−3未添加による腫瘍化

  • (下)D−3を添加し腫瘍化を防止した事例(京大提供)

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)のクァン・イー研究員と齊藤博英教授らは、合成ペプチドを用い、未分化のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を1―2時間で高効率かつ選択的に除去する手法を開発した。iPS細胞を破壊し、それ以外の細胞にはほぼ影響しない「D―3ペプチド」を新規合成。iPS細胞を特定の細胞に分化させ移植する際、腫瘍化リスクのある未分化iPS細胞を除去し、再生医療の安全性向上が期待できる。

D―3ペプチドは、iPS細胞の表面に多く発現する酵素「アルカリフォスファターゼ」(ALP)に反応。同酵素と結合して構造が変化し、細胞を破壊する仕組み。

未分化のiPS細胞と分化後の心筋細胞を1対9の割合で培養した混合液でも、選択的に99%以上のiPS細胞を除去。マウスの精巣に移植後も増殖による腫瘍化を防げた。ES細胞(胚性幹細胞)にも同様の効果がある。

わずかな量のiPS細胞も感知できるのも特徴。一般的なペプチド合成の手法で安定性の高いD―3が1日で大量に合成でき、高価な機器や試薬が要らないため、経済性も高い。

成果は米科学誌セル・ケミカル・バイオロジーの電子版に掲載された。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン