[ 自動車・輸送機 ]

ホンダ、来月末めどに燃料電池車をタクシー運用

(2017/5/19 05:00)

ホンダは18日、燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」のタクシー運用を6月末をめどに始めると発表した。タクシー会社4社に計8台を3年間リースし、将来の同FCVの用途拡大を図る。また、タクシー運用を通じて得られた走行データや適切な営業圏などの情報を活用し、FCVの性能向上に向けた研究開発促進にもつなげる。

帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(仙台市若林区)、大宮自動車(さいたま市大宮区)、日野交通(横浜市鶴見区)の4社に提供する。燃料の充填には各タクシー会社の営業地域の水素ステーションを活用し、運用する。

同FCVは走行距離約750キロメートルで、1回当たりの水素充填時間は3分程度といった利便性に加え、セダンタイプのFCVとして初の5人乗りや電動車ならではの滑らかな走行性能などを実現した。

16年3月に販売開始して、17年3月までに自治体や官公庁などに145台納入している。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!5S入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!5S入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地質の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地質の本

おもしろサイエンス 
コンタクトレンズと眼鏡の科学

おもしろサイエンス コンタクトレンズと眼鏡の科学

変わる!農業金融
―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

変わる!農業金融 ―儲かる“企業化する農業”の仕組みー

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

70事例から学ぶ自動車の振動・騒音対策法

きちんと知りたい! 
飛行機メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 飛行機メカニズムの基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン