[ ロボット ]

ロボの手“貸します”工場で作業補助−慶大が双腕ロボ開発(動画あり)

(2017/5/30 05:00)

(慶大提供)
  • 椅子の背もたれに双腕ロボットを設置。4本腕でハンダ付けができる(慶大提供)

ロボの手も借りたい―。慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の佐々木智也リサーチャーは、体に装着して操作できる双腕ロボットを開発した。7自由度のロボットアームと、22自由度のロボットハンドを採用。椅子の背もたれに2本腕を設置する固定式と、肩から吊って脇の下から腕を伸ばす装着式がある。初心者でも5分程度の訓練で握手ができ、習熟すればハンダ付けも可能なことを確認した。

東京大学と豊橋技術科学大学との共同研究の成果。腕の部分の動きは脚、手の部分は足の指で操作する。脚の動きは膝と足首にマーカーを付けて光学式のモーションキャプチャーで計測する。足には曲げセンサーを付けた5本指の靴下を装着。親指と人さし指の動きを計測し、ロボットハンドの開閉を操作する。

5人で検証したところ、初心者でも人の手でハンドにモノを持たせて、そのまま保持するなど簡単な操作はできた。ハンドをフックやハンダごてに取り換えることも可能。工場などでの作業の幅が広がる。

今後、機械の腕を自分の体のように扱えるようになるまでの身体感覚の習得プロセスを研究する。作業の種類や心理状態によって身体感覚が変われば、適切な訓練やアームの設計に生かせる。

ロボットアーム自体は出力を高めたり、高度なセンサーを搭載したりと自由に改良できるため、アームへの習熟が解明できれば幅広い応用が可能になる。

(2017/5/30 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる