INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 化学・金属・繊維 ]

東レ、次世代ロケットに炭素繊維供給で伊社と契約

(2017/6/20 05:00)

  • ヴェガC(左)とアリアン6(イメージ)

東レは19日、人工衛星の打ち上げ用ロケットで主要部品を手がけるイタリアのアヴィオ(ローマ)に、炭素繊維「トレカ」を最長で2027年まで供給する契約を結んだと発表した。すでに高強度の炭素繊維を供給しているが、欧アリアンスペースが打ち上げ・運用する「アリアン6」や「ヴェガC」など開発中の次世代ロケットへの供給も担うことになる。供給量は非公表。

東レは仏子会社の東レカーボンファイバーズヨーロッパを通じ、アヴィオに高強度炭素繊維を供給している。同社はアリアンスペースの小型ロケット・ヴェガや大型ロケット・アリアン5で主要部品を生産し、ヴェガ初号機のモーターケースに東レの炭素繊維が採用された実績がある。次世代ロケットでも、モーターケース向け炭素繊維を供給する。

足元では放送や地球観測、防災など人工衛星の用途拡大を追い風に、打ち上げ用ロケットの需要も増加。同時に打ち上げコストの削減や高性能化の要求も高まり、高機能炭素繊維など複合材の採用も伸びる傾向にある。

(2017/6/20 05:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン