[ 科学技術・大学 ]

電通大、秘匿性と実用性両立させたビッグデータ解析技術−医療などに活用

(2017/7/17 05:00)

電気通信大学の清雄一助教らの研究チームは、秘匿性を確保しながらビッグデータ(大量データ)を解析できる実用性の高いデータマイニング技術を開発した。正しい情報にダミー(疑似)情報を混ぜて個人を「匿名化」した上で解析する。医療機関などが蓄積した医療ビッグデータを、新薬の開発や治療効果の分析などに使いやすくなる。

開発したのは1行のデータごとに複数のダミー情報を潜り込ませることで、個人は匿名化しつつ、抽象度は上げずにデータを扱う手法。例えば「30歳のエイズウイルス(HIV)患者」のデータに「30歳の食道炎患者」と「51歳のHIV患者」といったダミー情報を加える。

ダミー情報は実在しない情報で、どれがダミーであるか特定できない。このため安全性が高まると同時に、データ全体は統計的な分析が可能。大量のデータ群を処理すれば、結果的にダミー情報がない場合と同程度の統計値が得られる。挿入するダミー情報の数...

(残り:313文字/本文:713文字)

(2017/7/17 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる