[ オピニオン ]

社説/「情報銀行」構想−個人情報の活用へ国民的な議論を

(2017/8/25 05:00)

個人データのビジネス活用を促す取り組みとして、政府のIT総合戦略本部を中心に「情報銀行」構想が検討されている。産業界からの要望を受けたものだが、将来のあるべき姿や課題を国民にも分かりやすく伝えながら議論を深めてほしい。

情報銀行は個人が自らのパーソナルデータを信頼できる認定機関に預けて管理し、本人の意志に基づいて、データの流通・活用を促進する仕組みだ。

対象となるデータはスマートフォンやポイントカードなどの利用から得た位置情報や購買情報といった生活履歴や健康データなど広範にわたる。一般事業者がこれらをマーケティングなどに活用する場合には利用料が必要。そこから得た収益は金銭やポイントとして個人に還元される。

もとより個人データを利活用するにはプライバシー保護が欠かせない。だが、本人の同意があればデータを匿名化しなくても流通できるようにするのが情報銀行の考え方だ。例えば自分の自動車運転履歴を情報銀行に預けておき、保険会社が照会を求めてきたら本人の合意の元、無事故ならば保険料を安くするといったことも可能となる。

情報銀行が検討される背景には、個人データがなし崩し的に使われている現状への危機感もある。産業界からは「GAFA(ガッファ)が独り勝ちする世界にはしたくはない」といった声もある。

GAFAとは米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの総称。スマホなどで提供される多様なサービスを利用する際には、個人データを提供せざるを得ない状況にあり、どのように利活用されているかは見えない。

こうした状況に対して、欧州連合(EU)は「一般データ保護規則」を定め、個人データは本人にコントロールする権利があることを明確化する。2018年から施行する。

日本でも議論が始まったが、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の大合唱の中で議論の焦点が見えにくい。国民的な議論が急がれる。

(2017/8/25 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる