[ 科学技術・大学 ]

安全な抗がん剤に道−京大、抗腫瘍効果の水溶性クルクミン開発

(2017/9/1 05:00)

  • ヒト結腸腺癌を移植したマウスにCMGを静脈投与。CMGは抗腫瘍作用を示す(京大提供)

京都大学大学院薬学研究科の掛谷秀昭教授と同医学研究科の金井雅史准教授らは、セラバイオファーマ(東京都千代田区)と連携し、血中濃度を上げやすい水溶性のクルクミン「クルクミンモノグルクロニド」(CMG)を開発した。投与後に生体内の代謝作用で効果を発揮するプロドラッグ型。高い抗腫瘍作用があり、抗がん剤での実用化が期待できる。

クルクミンは、ウコンなどに含まれるポリフェノール化合物。医薬品として期待できる多様な生理作用を持つが、消化管から吸収されにくいのが課題だった。

研究グループは、クルクミンを経口投与する際の生体内代謝物を解析し、血中で検出したCMGに注目。人工合成したCMGをラットに静脈投与することで、経口投与時と比べてクルクミン血中濃度を高められることを確認した。ヒトの結腸腺がん細胞を移植したマウスに対し、CMGを静脈投与すれば、腫瘍の体積増加が抑えられたという。研究が進めば、体重減少や肝障害などを伴わず、安全性の高い抗がん剤の開発が見込める。

(2017/9/1 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン