INDUSTRIAL TRENDS AD

[ オピニオン ]

産業春秋/国産神話のおごり

(2017/10/12 05:00)

コメ輸出量を2019年度に16年度の4倍強、10万トンへと拡大を目指す農林水産省のプロジェクト。ヒアリング段階で、民間の輸出業者と農業協同組合の意識の差が表面化した。

「現地に比べて3倍以上もある価格差をクリアしないと難しい」と話す輸出業者に対し、農協は「(農家が)再生産可能な価格水準でないと長続きしない」と主張する。農業者側には価格競争力という視点が抜け落ちている。

「日本の農産物はおいしくて安全。手間もかかっている。だから高くて当然だ」と主張するのは簡単である。しかし輸出先の消費者だって、価格差が大きければ購入をためらうはず。コメ以外の農作物に関しても同じ問題がある。

外国の農業法人や企業も安全性や品質の向上に力を注いでいる。GAPなどの食品安全認証の取得率は、欧米が日本の先を行く。国産品の“高品質・おいしさの神話”に溺れて、相手国に受け入れられる努力がおろそかになってはいないか。

和食人気が広まったことで、輸出が増えるという発想だけではいけない。必要なのは珍しさか、新鮮さか、それとも価格か。最終的な選択権は輸出相手国の消費者にある。まずは何が求められるか、じっくり調べるべきだろう。

(2017/10/12 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

現場で使える! 
「なぜなぜ分析」で機械保全

現場で使える! 「なぜなぜ分析」で機械保全

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

「7つのムダ」排除 次なる一手 IoTを上手に使ってカイゼン指南

きちんと知りたい! 
軽自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 軽自動車メカニズムの基礎知識

おもしろサイエンス 
小麦粉の科学

おもしろサイエンス 小麦粉の科学

粉体用語ポケットブック

粉体用語ポケットブック

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社 モノづくり県が誇るオンリーワン企業

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン