[ 医療・健康・食品 ]

4年内の糖尿病リスク、血漿中アミノ酸で予測−味の素が検査技術開発

(2017/10/16 05:00)

味の素は、血液中のアミノ酸を測定することで、4年以内の糖尿病発症予測ができる検査技術「AILS」を開発した。血漿(けっしょう)中のアミノ酸濃度を統計解析し、発症リスクを3段階に分けて診断する。同社開発のアミノ酸を使ったがんスクリーニング検査とセットで、11月下旬より導入した医療機関で検査を始める。生活習慣病の予防や、食生活指導へ活用される。

糖尿病と診断されていない7703人分の血漿に含まれる6種類のアミノ酸濃度を測定し、糖尿病発症リスクを算出する式に当てはめた。その結果、4年以内に糖尿病を発症した人は、アミノ酸のバランスが健康な人と異なることが分かった。具体的には糖尿病発症リスクが高い人は、健康な人と比較してアミノ酸のグリシンが低く、一方アラニンやバリンなどが高くなるという特徴があった。

アミノ酸濃度やバランスの特徴などをもとに、リスクが低い方からA、B、Cの3段階に分けると、発症リスクが最も高いCはAと比較して4年後の糖尿病の発症率が16・7倍。

さらに、10種類のアミノ酸の数値を使って、低アミノ酸栄養の指標としても活用する。AILSの結果と組み合わせることで、糖尿病と低アミノ酸栄養を予防するような食事を提案し、生活指導に利用する。低アミノ酸栄養は、たんぱく質摂取量が低下する高齢者などに多く、骨や筋肉の衰えで日常生活が困難になる「ロコモティブシンドローム」の原因として問題視されている。

(2017/10/16 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン