[ 科学技術・大学 ]

名大、べん毛モーター 詳細構造を解明

(2017/10/16 05:00)

  • 前進と後退時のモータークラッチ部位構造。研究から明らかになった野生型と時計回転バイアス変異体のFLiG分子のモデル。赤で示したα1部位に大きな変化が見られた(名大提供)

【名古屋】名古屋大学大学院理学研究科の本間道夫教授らは、細菌のナトリウムイオンで回転運動する分子ナノマシン(ナノは10億分の1)である「べん毛モーター」の詳細な構造を解明した。ビブリオ菌の変異株を用い、べん毛モーターを分離せずに細菌の膜に埋まったほぼ生の状態で観察。皮を被り、多数の対称性を持つリング構造だと分かった。

ビブリオ菌のべん毛は通常1本だが、変異株は10本以上生える。

(2017/10/16 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン