[ 科学技術・大学 ]

名大、べん毛モーター 詳細構造を解明

(2017/10/16 05:00)

  • 前進と後退時のモータークラッチ部位構造。研究から明らかになった野生型と時計回転バイアス変異体のFLiG分子のモデル。赤で示したα1部位に大きな変化が見られた(名大提供)

【名古屋】名古屋大学大学院理学研究科の本間道夫教授らは、細菌のナトリウムイオンで回転運動する分子ナノマシン(ナノは10億分の1)である「べん毛モーター」の詳細な構造を解明した。ビブリオ菌の変異株を用い、べん毛モーターを分離せずに細菌の膜に埋まったほぼ生の状態で観察。皮を被り、多数の対称性を持つリング構造だと分かった。

ビブリオ菌のべん毛は通常1本だが、変異株は10本以上生える。

(2017/10/16 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン