[ 科学技術・大学 ]

遺伝子改変マウス、ISSで飼育実験 JAXAが12月後半めど

(2017/10/16 05:00)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、12月後半にも国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で遺伝子改変を施したマウスの飼育実験を始める。宇宙の微小重力環境でマウスを飼育後に地球へ戻し、遺伝子レベルの変化を調べる。遺伝子改変マウスを宇宙で飼育するのは世界初。宇宙では微小重力や放射線などにさらされる。骨粗しょう症や発がん抑制などの対策に貢献できる。

奥村直樹理事長が定例会見で明らかにした。ISSでのマウスの飼育実験は今回で3回目。12月中旬にもISSに向かう金井宣茂宇宙飛行士の滞在期間中に実験する予定。ISSでの実験担当者は決まっていないが、奥村理事長は「(できれば)金井宇宙飛行士が担当してほしい」と期待した。

地上からは12匹のマウスをISSに打ち上げる。実験の代表研究者は東北大学の山本雅之教授。1回目のISSでのマウスの飼育は、16年にISSに長期滞在した大西卓哉宇宙飛行士が担当。地上に戻したマウスの精子から子どもマウスが産まれている(写真)。

(2017/10/16 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン