[ 科学技術・大学 ]

「重力波」の源とらえる 東大・広島大など、電磁波で初観測

(2017/10/17 05:00)

  • 日本の重力波チームが撮影した重力波源「GW170817」(国立天文台/名大提供)

東京大学や広島大学、国立天文台などの日本の重力波追跡観測チームは、時空(時間と空間)の歪みである「重力波」の源となる天体からの光をとらえることに成功した。8月に米重力波望遠鏡LIGO(ライゴ)と欧重力波望遠鏡Virgo(バーゴ)が観測した重力波源を赤外線で追跡観測し、その明るさの時間変化を観測できた。重力波源を電磁波で観測した事例は初めて。重力波天文学の進展が期待される。

今回観測された重力波源「GW170817」からの可視光と赤外線の特徴は、中性子星の合体に伴う電磁波の放射現象として説明できる。中性子星の合体により宇宙で金や白金などの貴金属元素が合成される可能性が高いことを明らかにした。重力波信号の特徴から、GW170817は中性子星同士の合体の可能性が高く、光ると予想されていた。欧米が観測した重力波はブラックホールの合体によるもので、可視光などの電磁波でとらえられていなかった。

赤外線の追跡観測には、国立天文台のすばる望遠鏡、名古屋大学が所有する南アフリカのIRSF望遠鏡とニュージーランドのMOA―II望遠鏡などを使用。理論計算には国立天文台のスーパーコンピューター「アテルイ」を利用した。

(2017/10/17 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる