INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 自動車・輸送機 ]

東京モーターショー/高級車・SUVに注目 各社、来年に新車投入(動画あり)

(2017/10/30 05:00)

  • トヨタの高級セダン「クラウン」コンセプト車

  • 独ポルシェのSUV「カイエン」の新型車

東京モーターショーで電気自動車(EV)の出展が目立つ一方で、国内投入を見据えたコンセプト車や既存車種の新型モデルにも注目が集まっている。若者の車離れなどを理由に大きな成長が見込めない中でも、需要が底堅い高級車やスポーツ多目的車(SUV)を軸に国内市場の活性化を図る。

トヨタ自動車は高級セダン「クラウン」のコンセプト車を初披露した。新設計思想「TNGA」を適用して走行性能を高め、よりスポーティーなデザインを実現。滑らかな走り出しやステアリング性能を高め、市販モデルを2018年中ごろに投入する。

クラウンは、セダン市場の縮小に加えてターゲット顧客層の高齢化により厳しい環境にある。クラウンの“復権”には他社からの乗り換えや若い顧客層の取り込みがカギとなるが、価格面などで課題もある。トヨタの担当者は「慎重な価格設定が必要」としつつも、「顧客の感性に合わせた外観や走りを追求して『今こそクラウン』と思ってくれるようにしたい」と意気込む。

日産自動車も高級セダン「スカイライン」の一部改良モデルを出展した。外観やアルミホイールのデザインを刷新し、よりスポーティーなデザインに仕上げた。17年12月に発売する予定だ。

近年拡大が続くSUV市場でも、今後は新車の投入が相次ぐ見通し。

三菱自動車は、18年初めに投入予定の新型SUV「エクリプスクロス」を出展。欧州や北米でも販売する世界戦略車となるだけに、益子修最高経営責任者(CEO)は「『エクリプスクロス』の成功が、当社の成長軌道に道筋をつけるための第1歩となる」と重要性を強調する。

ホンダは、16年8月に国内販売を終えたSUV「CR―V」の新型を18年に投入する。ハイブリッド車や3列シートを設定し、「幅広くSUVの価値を届ける」(八郷隆弘社長)。

スズキは、ワゴンとSUVを融合させた「クロスビー」を初公開した。人気の軽「ハスラー」のデザインを踏襲し、小型クロスオーバーワゴンという新ジャンルを切り開くモデルと位置づける。

海外勢では独ポルシェがSUV「カイエン」の新型を披露し、17年中に受注を開始する予定。独フォルクスワーゲンも、今後投入するディーゼル車のコンセプト車を披露した。

(2017/10/30 05:00)

関連リンク

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン