[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説付き)

(2017/10/31 05:00)

■アクセスランキング・ベスト10(10/23~10/29)

1位 高強度CFRP、射出成形で製造 小松精練がファナックと実現

2位 トヨタ・ホンダ、EV事業前倒し 全固体電池、20年代前半に量産

3位 広島大と静岡大、岩盤含水モデル構築 海水、年23億トン減少

4位 【電子版】太陽系外から飛来した小惑星か、米ハワイ大が発表 時速9万キロ超

5位 「水素協議会」倍増27社 トヨタなど発足 GM・アウディ参加

6位 【特集】写真で見る 東京モーターショー2017

7位 NTT西、練習映像をAIで分析 中高生のソフトテニス向けシステム

8位 【電子版】アインシュタインのメモに1億7700万円、帝国ホテルで「幸福論」

9位 未来の車を支えるテクノロジー(上)止まらぬ電動化-「全固体電池」の衝撃

10位 東京モーターショー/マツダ、圧縮着火実現-次世代ガソリンエンジン

■解説:トヨタ・ホンダ、EV事業前倒し 全固体電池、20年代前半に量産(10/26)

 東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開幕した。ただ、今回は無資格者による車両検査が日産自動車に続きスバルでも発覚し、華々しいイベントに水を差すことになった。

 一方で、モーターショーの見どころとしては、今後市場が急拡大するとみられる電気自動車(EV)がずらり。トヨタとホンダが全個体電池を2020年代前半に量産することも表明した。現在主流のリチウムイオン電池は可燃性の電解質を使っている関係上、安全性に課題がある。また、これまでの日本の自動車産業はハイブリッド車も含め、ガソリンエンジンなど内燃機関車をベースに成長を続けてきた。その常識が大きく変わろうとしている。

 来るべきEV時代には、モーターや電装品、半導体、センサー類も重要なキーパーツとなるだろう。それに加え、安全性の高い全固体電池をいち早く実用化することで、電動車という新しい土俵でも日本の自動車産業全体の競争力向上につながっていけばと思う。

(2017/10/31 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる