[ オピニオン ]

社説/第4次安倍内閣に期待する−「アベノミクス」の実効性高めよ

(2017/11/2 05:00)

第4次安倍晋三内閣が取り組むべきは、経済政策「アベノミクス」の実効性を高めることである。首相の指導力があらためて問われる。

総選挙と首相指名の洗礼を経たとはいえ、新内閣は8月に発足したばかりの改造内閣を受け継いだものだ。閣僚を短命に終わらせなかったことを“やる気”と受けとめたい。

首相が政権に返り咲いてから12月で満5年。内政・外交とも成果を上げている。経済政策については国内総生産や雇用統計などの改善が進み、株価もこれを裏付けるように高水準にある。産業界は、その点を高く評価している。

ただ、これが日本経済の地力を強めた結果とは考えにくい。毎年の補正予算に加え、日銀の異次元の金融緩和が経済を支えている。財政出動も金融緩和も、過去に蓄積した国富を取り崩している状況に他ならない。デフレ脱却と、経済の自律成長への道は険しい。

第2次、第3次と安倍内閣は国民から強固な政権基盤を与えられた。安定政権を長期に継続しながら、まだ日本再興の出口が見えないことは残念だ。

第4次内閣は、先の総選挙で首相が公約した「人づくり改革」に取り組む。教育の無償化はじめ、子育て世代への支援は大いに意味がある。しかし、これが経済発展に結びつくのは相当に先になるだろう。

短期的には、企業の内部留保を原資とした賃金引き上げが議論されている。高収益の一部大企業を別にして、依然として経営が楽でない中小企業が大半を占めることを考えれば、経済成長の答えをすべて賃上げに求めるのは正しくない。

重要なのは、社会のイノベーションを巻き起こし、企業活動を活発にすることである。それが首相の提唱する日本再興のあるべき姿ではないか。

経済政策が富の再分配にとどまるようではいけない。大胆な規制改革や民間への市場開放によって新たな産業を興してほしい。第4次安倍内閣が、アベノミクスの実効性を高めることを期待する。

(2017/11/2 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる