[ 科学技術・大学 ]

災害救助犬の情動、東北大がモニタリング技術

(2017/11/2 05:00)

  • 開発した救助犬用スーツ(東北大提供)

東北大学の大野和則准教授と濱田龍之介助教らは、災害救助犬の情動を被災者捜索中にモニタリングできる技術を開発した。犬にスーツを着せて電極で心電波形を計測し、快か不快かを判定する。判定精度は73・6%。適切なタイミングで休憩をとり、捜索中の集中力を高められると期待される。

犬に着せるだけで特定の部位に電極が触れるスーツを開発した。救助犬の胸から腹にかけて三つの電極を密着させる。解析用の心電波形の取得率が52%から82%に向上した。

この心電波形と加速度などの活動データから人工知能技術で情動を推定する。静止時や歩行時の快不快判定精度は73・6%。結果はパソコンやタブレット端末でリアルタイムに確認できる。

救助犬のハンドラーや災害指揮本部の消防隊と情報共有して休憩タイミングを調整するなど捜索の信頼性を高められる。内閣府の支援事業「革新的研究開発推進プログラム」(ImPACT)の一環で開発した。

麻布大学と奈良先端科学技術大学院大学、熊本大学、京都女子大学、日本救助犬協会との共同研究の成果。

(2017/11/2 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる