[ オピニオン ]

産業春秋/大病からの生還

(2017/11/14 05:00)

私事で恐縮だが、半年を超す長期入院を経て復帰した。病名は、発症した人の3分の1が亡くなり、3分の1が重篤な後遺症に悩まされるという「くも膜下出血」である。

回復の道を許された3分の1に入れたことは、幸運の一語に尽きる。入院後、直ちに手術を受けたが、術後の意識レベルは低く、2カ月近くの間、ほぼ寝たきり状態だった。

体重は10キログラム以上減少し、大殿筋、中殿筋、大腿四頭筋、腹筋などがやせ細った。そのため立つことはおろか、座ることもままならず、リハビリでの課題は山積みだった。

基本的な運動能力の回復に向けた理学療法士のトレーニングに加え、作業療法士による着替えなど日常生活に必要な動作のトレーニングに取り組む。セラピストの先生方はそれぞれの知識や経験に基づいて技術を駆使してくれた。その裏にある患者への熱い思いを感じることもしばしばだった。

リハビリを始めてすぐ「自分の足で歩いて退院する」と高い目標を掲げた。結果的に、移動手段は車椅子→歩行器→杖2本→杖1本とステップアップ。退院日が決まってからは足腰の筋トレが強度を増し、さながらジムのよう。この先も自主トレを続け、杖なしで自由自在に歩けるようになりたい。

(2017/11/14 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン