[ 自動車・輸送機 ]

トヨタ・スズキ、インド市場にEV投入 資本提携に発展も

(2017/11/20 05:00)

トヨタ自動車とスズキは2020年ごろにインド市場で協力して電気自動車(EV)を投入する。2月に業務提携に向けて検討を始めた両社による協業の一つだ。スズキは、トヨタがマツダ、デンソーと3社で9月に設立したEVの技術開発を担う新会社への合流にも前向きだ。業務提携の具体化を通じ、資本提携にまで発展するかも注目される。

【印シェア50%】

スズキから提供できる強みは、やはり50%近いシェアを誇るインドでの協力だった。トヨタは、スズキがインドで20年ごろに生産するEVにコネクテッドカー(つながる車)などの技術支援で協力し、そのEVを供給してもらいトヨタブランドでも販売する意向だ。

生産する車種や規模などは明らかにしていないが、トヨタとスズキがインドでのEV事業計画を公表するのはそれぞれ初めて。充電ステーションの整備や販売網のサービス技術者の教育、使用済み電池の適切な処理体制などインドでEV...

(残り:618文字/本文:1,018文字)

(2017/11/20 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン