[ 政治・経済 ]

日本の有休消化、30カ国中最下位の50%−エクスペディア調べ

(2017/12/12 05:00)

総合旅行サイトのエクスペディア・ジャパンが11日発表した有給休暇の国際比較調査によると、日本の有休消化率は前年と同じ50%と、世界30カ国・地域中、2年連続で最下位だった。有休取得に対し「罪悪感がある」と答えた日本人の割合が63%と最多だったことが有休消化率の低さにつながった。

ブラジル、フランス、スペイン、オーストリア、香港が有休消化率100%だった。日本の次に有休消化率が低い韓国は前年比14ポイント高い67%となり、日本との差が開いた。

有休取得に罪悪感を感じる人の割合は韓国が61%と、ほぼ日本並みだったがスペインが18%、メキシコとイタリアが19%、オーストリアが20%と、日本の3分の1以下だった。

日本人が休みを取らない理由の1位は「緊急時のためにとっておく」。以下、「人手不足」、「職場の同僚が休んでいない」が続いた。

自身の上司が有休を取ることに協力的かとの問いでは、「分からない」との答えが3割以上と30カ国中で最多だった。

(2017/12/12 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる