[ 自動車・輸送機 ]

トヨタ、20年にレクサスブランドのEV生産開始 電動車両を拡大

(2018/1/1 05:00)

トヨタ自動車が検討している電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの生産計画が明らかになった。2020年にも高級車ブランド「レクサス」の小型車「CT」ベースのEVと、スポーツ多目的車(SUV)「RAV4」ベースのPHVの生産を始める。21年からはセダン型の新型燃料電池車(FCV)を生産する。30年に同社の世界販売全体の約半分にあたる550万台の電動車を販売する目標に向け、電動車両の商品拡大と生産体制構築を急ぐ。

レクサスCTベースのEVは、生産子会社のトヨタ自動車九州(福岡県宮若市)で20年半ばをめどに生産する。クロスオーバーと呼ばれる小型SUVタイプで、まずは中国への輸出を想定する。

トヨタは新エネルギー車(NEV)規制を導入する中国を皮切りに世界各国でEVを導入する。中国ではまず天津市と広東省の合弁工場で生産したEVを販売する見通しだが、これに加え、日本からレクサスのEVを輸出することで幅広い顧客層を取り込む。20年代前半には日本、インド、米国、欧州でもEVを投入する方針だ。

一方、20年春にも高岡工場(愛知県豊田市)でRAV4ベースのPHVの生産を始める。さらに21年秋をめどに、FCV「ミライ」の後継車種の生産を元町工場(同)で始める計画だ。

トヨタは世界各地で異なる電動車のニーズに全方位で応える。30年に世界で550万台の電動車を販売する目標だ。30年にハイブリッド車(HV)とPHVで現在の約3倍にあたる計450万台、EVとFCVで計100万台の販売を目指す。

今後は部品を含む生産体制の構築が課題となる。HVで培ったモーターやインバーター、電池などの中核技術を生かし、世界で電動車の生産体制を作り上げる。電池の開発・供給でパナソニックとの協業も検討している。

(2018/1/1 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン