[ エレクトロニクス ]

第60回十大新製品賞/本賞−NEC

(2018/1/31 05:00)

  • 「SX−Aurora TSUBASA」と開発担当者の星氏(左)、今野氏

【NECの新プラットフォーム「SX―Aurora TSUBASA」】

■小型スパコン、用途拡大■

科学技術計算など、これまで特殊な用途に限られた「ベクトル型」のスーパーコンピューター。世界唯一のベクトルコンピューターメーカーであるNECがこれを小型化し、新たな需要を掘り起こした。既存の気象シミュレーションなどから、ビッグデータ(大量データ)解析や人工知能(AI)といった領域へとスパコンの利用を広げた。

スパコンでは主流のスカラー型に比べ、ベクトル型は大規模なデータ処理が得意で、かつて世界トップの性能を誇った海洋研究開発機構の「地球シミュレーター」などに採用されている。一方で開発コストが高く、装置も大型であるため、従来の顧客は大学や研究機関が大半だった。

用途拡大に向けて目指したのが、性能は維持しつつ小型化しコストを抑えること。そのため、それまでは全て自前で開発してきたが「強みを持つ高性能計算に注力し、それ以外はオープンな環境を活用する」(システム開発担当の星宗王シニアマネージャー)という方針に切り替えた。

心臓部となるプロセッサーには、初めてメモリーを内蔵し、307ギガフロップス(毎秒3070億回の浮動小数点演算)の世界最高性能を持つコアを開発して8個搭載した。データをコアに転送するメモリー性能も毎秒1・2テラバイト(テラは1兆)と世界最速だ。

設計概念を一新したため「チャレンジングだったが、単一プロセッサー性能は従来比10倍に向上した」とエンジン開発担当の今野良展シニアマネージャーは手応えをつかむ。性能のアップで小型化を実現し、カード式のエンジンにプロセッサーを組み込めるようになる。その結果、デスクトップ型からデータセンター型まで、柔軟なシステム構成で提供可能になった。

低コストで気軽に使えるスパコンを産業界が使わないはずがない。汎用プロセッサーの性能向上にも陰りが見えつつあり、ベクトル型スパコンの時代が再来するかもしれない。(藤木信穂)

【製品プロフィル】

約30年にわたるスパコン開発の経験を基に作った、大規模データ処理のためのプラットフォーム。既存のアプリケーションとの親和性も高く、AIや資源探査、画像解析、セキュリティーなど幅広い用途が可能。開発に当たり、国内外の企業が参画する意見交換コミュニティーを設立した。3年間で1000億円の売り上げを目指す。

(2018/1/31 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

自動車用途で解説する!材料接合技術入門

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい微生物の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいダムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいダムの本

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例
第2版

機械製図CAD作業技能検定試験 1・2級実技課題と解読例 第2版

「電験三種」ビギナーのための数学再入門
「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

「電験三種」ビギナーのための数学再入門 「小学校・中学校・高校」レベルからステップアップ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン