[ 医療・健康・食品 ]

がん治療ナノデバイス、メディギアが前臨床試験 18年度に開始

(2018/2/8 05:00)

  • 腫瘍を持つマウスの比較実験(ナノデバイス投与で腫瘍の縮小効果が見られる)

メディギア・インターナショナル(横浜市緑区、田中武雄社長、045・532・9565)は、がん細胞への酸素や栄養の供給を遮断して治療する腫瘍封止ナノデバイス「MD2」の前臨床試験を2018年度中に始める。6月をめどに3億―5億円規模の増資を計画。人への臨床試験を経て、23年をめどに市場投入する方針だ。

MD2はメディギア・インターナショナルが独自に開発した粒子。がんの周辺に注射器やカテーテルなどで局所的に投与し、がんを封じ込める。がんに特異的に作用するため、体への侵襲性が低いという。また、生体分解性も兼ね備えている。今後、外科手術や医薬品など他の治療法で難しい腫瘍への適用や、他の治療法との組み合わせなどを想定している。マウスを使った試験では、MD2の投与により腫瘍の封じ込めや縮小する効果を確認している。18年度中に大型動物を使った前臨床試験に着手するほか、20年度以降に人への安全性・有効性を確認する臨床試験に取り組む。国内の製造受託機関(CMO)などにMD2のライセンス供与などを検討する。

メディギアは東京工業大学の研究成果を活用したベンチャー企業で、13年に設立した。血管内治療向けの器具やシステムの研究・開発を手がける。田中社長は「患者への負担を軽減でき、生活の質(QOL)を向上できる」としている。

(2018/2/8 05:00)

ヘルスケアのニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる