[ 化学・金属・繊維 ]

ノリタケ、球状チタン酸バリウム粒子をサンプル出荷

(2018/2/13 05:00)

  • 球状のチタン酸バリウム粒子

【名古屋】ノリタケカンパニーリミテドは溶媒に均等に分散させやすい直径50ナノ―400ナノメートル(ナノは10億分の1)の球状のチタン酸バリウム粒子(フィラー)を開発し、サンプル出荷を始めた。任意の粒径にでき、製法は二酸化ケイ素(シリカ)や酸化チタンにも応用できる。レンズなどの光学系部品や電子部品など、さまざまな機能部品の高性能化が期待できる。PRを本格化してユーザーを開拓し早期の実用化を図る。

同フィラーは1ロットの粒径分布が同50ナノ―400ナノメートル間で10―20%と、高い精度で粒径をそろえられる。球状のため光の透過や反射、屈折を制御しやすく、高品質のレンズや反射板の添加剤やコーティング材に利用できる。

環境や人体に無害の高分子ポリビニルピロリドンを任意の大きさでカゴ状の球体に成形する技術を開発。さらに液相法によりこのカゴの中にチタン酸バリウムのフィラーを成長させる独自技術を開発した。ポリビニルピロリドンの被膜により水やエタノールなどの溶媒との親和性も高い。

チタン酸バリウムは高い比誘電率を持ち、電子部品材料に使用されている。大きい粒子を砕く製法が主流で、形状も粒度もばらばらで光学系材料には利用しにくかった。フィラー自体が凝集しやすく、樹脂材料などへ均等に分散させるのも難しかった。

また光学系材料に使われる酸化チタンは触媒作用がある。チタン酸バリウムに切り替えると樹脂材料への悪影響を避けられる。

(2018/2/13 05:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン