[ 科学技術・大学 ]

京大など、衛星ビッグデータと世界位置情報の統合解析で新手法 津波リスク予測に活用

(2018/2/22 05:00)

  • 世界メッシュコード体系の概念図(京大提供)

京都大学大学院情報学研究科の佐藤彰洋特定准教授らは、宇宙システム開発利用推進機構、MM総研(東京都港区)と共同で、衛星ビッグデータ(大量データ)と世界位置情報を統合解析する手法を開発した。位置情報を基にした網の目区画の地域メッシュコードを独自に世界に拡張し、標高統計データベースを作成して公開。津波リスクの予測解析などに活用できる。

研究グループは、衛星の観測データに基づいた標高ビッグデータを独自の世界メッシュコードにひも付け、統計データベースを高速生成するアルゴリズムを開発。データ量を377分の1に圧縮し、一般的なパソコンで標高統計処理が行えるようにした。

従来、統合解析が難しかった同一位置空間の異なる複数分野のデータを、位置情報に基づいて比較や合成、可視化できる。標高と津波リスクの統合解析や、人間活動の指標である夜間光強度を考慮した被害予測などに対応する。今後、地下資源や水資源の管理や経済状況など統計解析への応用を進める。

(2018/2/22 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい紙と印刷の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい紙と印刷の本

シリーズ 環境ソリューション企業総覧 
企業の環境部門担当者のためのSDGsをめぐる潮流がサクッとわかる本

シリーズ 環境ソリューション企業総覧 企業の環境部門担当者のためのSDGsをめぐる潮流がサクッとわかる本

図解よくわかる 
屋内測位と位置情報

図解よくわかる 屋内測位と位置情報

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン