[ 科学技術・大学 ]

モルヒネの眠気改善薬 東京慈恵医大、候補化合物発見

(2018/4/17 05:00)

  • モルヒネ投与前の脳波(左)と投与後の脳波(右)。モルヒネ投与により、眠気をきたした時にあらわれる振幅の大きな周波数が低い脳波(高振幅徐波活動)が見られた(東京慈恵会医科大学提供)

東京慈恵会医科大学や筑波大学の研究グループは、鎮痛薬「モルヒネ」の副作用である眠気を改善する薬の候補化合物を発見した。睡眠と覚醒の制御に関わるたんぱく質「オレキシン2型受容体」に作用する化合物「YNT―185」に着目。同化合物とモルヒネをラットに投与すると、モルヒネの鎮痛作用を保ちながら副作用が緩和することをラットの脳波と行動から確認した。鎮痛薬の副作用を減らす手法として期待される。

(2018/4/17 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる