[ 科学技術・大学 ]

AIが国語記述問題を添削 理研・東北大、4年内実用化へ

(2018/4/17 05:00)

理化学研究所革新知能統合研究センター自然言語理解チームの乾健太郎チームリーダー(東北大学教授)らは、国語の記述問題を採点・添削する人工知能(AI)技術を開発した。一つの説明文を複数の採点基準で評価して点をつける。生徒は加点ポイントや減点ポイントを採点基準とともに示され、学びやすい。3―4年で通信教育の採点支援システムとしての実用化を目指す。

長文を読み設問に沿って60―80字程度で説明させる高校の記述問題をAIで採点した。例えば1問15点の問題で「答えの主語が正しい(2点)」、「設問意図を反映した部分を例示している(3点)」など、複数の採点項目をもつ。

採点項目ごとに細かく評価したデータを100―200個用意してディープラーニング(深層学習)にかけ、採点項目ごとの学習モデルを構築した。

さらにこれらを統合した学習モデルを作り、問題の点数(全体点)と全体の解答文章が対応した約5000デ...

(残り:287文字/本文:687文字)

(2018/4/17 05:00)

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる