[ 科学技術・大学 ]

AIが国語記述問題を添削 理研・東北大、4年内実用化へ

(2018/4/17 05:00)

理化学研究所革新知能統合研究センター自然言語理解チームの乾健太郎チームリーダー(東北大学教授)らは、国語の記述問題を採点・添削する人工知能(AI)技術を開発した。一つの説明文を複数の採点基準で評価して点をつける。生徒は加点ポイントや減点ポイントを採点基準とともに示され、学びやすい。3―4年で通信教育の採点支援システムとしての実用化を目指す。

長文を読み設問に沿って60―80字程度で説明させる高校の記述問題をAIで採点した。例えば1問15点の問題で「答えの主語が正しい(2点)」、「設問意図を反映した部分を例示している(3点)」など、複数の採点項目をもつ。

採点項目ごとに細かく評価したデータを100―200個用意してディープラーニング(深層学習)にかけ、採点項目ごとの学習モデルを構築した。

さらにこれらを統合した学習モデルを作り、問題の点数(全体点)と全体の解答文章が対応した約5000デ...

(残り:287文字/本文:687文字)

(2018/4/17 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる