[ 科学技術・大学 ]

量研機構、核融合装置主要部が完成 超高温プラズマ研究向け

(2018/4/23 05:00)

量子科学技術研究開発機構は、那珂核融合研究所(茨城県那珂市)で、日欧協力で建設を進める核融合研究のための実験装置「超伝導トカマク型実験装置JT―60SA」の主要部を完成し、公開した(写真)。超高温プラズマを安定に保持する方法を研究する。2019年度末の完成を予定し、20年には実験を始める。

太陽のエネルギー源であり、“究極のエネルギー”とも言われる核融合。核融合では、燃料を1億度C以上のプラズマ状態で維持する必要がある。フランスで建設が進む国際熱核融合実験炉「ITER(イーター)」に先行して実験を進め、研究成果をITERの設計に反映させる。

JT―60SAは、18体の「トロイダル磁場コイル」による強力な磁場と電流で、プラズマをドーナツ状の空間に閉じこめる。各コイルは高さ7・6メートル、幅4・6メートル、付帯設備を含め約30トン。フランスから輸送された最後の18体目のコイルを数ミリメートルの誤差で設置した。

(2018/4/23 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる