[ 科学技術・大学 ]

放射線損傷のDNA構造回復 甲南大、人工核酸分子を開発

(2018/4/27 05:00)

【神戸】甲南大学先端生命工学研究所の杉本直己所長らは、放射線などにより酸化損傷を受けたDNA(デオキシリボ核酸)構造を回復させる核酸分子を開発した。人工的に作製した「ピレン結合型人工核酸分子」が、がん化を抑制すると見られる特殊な「四重らせん構造」を安定化させることが分かった。がんなどの疾患予防・治療向けに、新しい核酸医薬品として活用が期待される。

生体内のDNAは二重らせん構造が標準だが、がん遺伝子の発現を抑えるため、DNAの構成要素「グアニン」が四重らせんを形成する。一方、四重らせん構造が酸化損傷を受けると、疾患遺伝子の発現を防ぐ機能を失うという。

今回、四重らせんの機能回復に、ピレンを共有結合した核酸分子が有効だと分かった。核酸分子はグアニンと同様のDNA配列を持つため、酸化損傷を受けた部分と置き換えることができる。ピレンの分子構造は平面であり、四重らせんへ上からふたをするように構...

(残り:107文字/本文:507文字)

(2018/4/27 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる