[ 科学技術・大学 ]

放射線損傷のDNA構造回復 甲南大、人工核酸分子を開発

(2018/4/27 05:00)

【神戸】甲南大学先端生命工学研究所の杉本直己所長らは、放射線などにより酸化損傷を受けたDNA(デオキシリボ核酸)構造を回復させる核酸分子を開発した。人工的に作製した「ピレン結合型人工核酸分子」が、がん化を抑制すると見られる特殊な「四重らせん構造」を安定化させることが分かった。がんなどの疾患予防・治療向けに、新しい核酸医薬品として活用が期待される。

生体内のDNAは二重らせん構造が標準だが、がん遺伝子の発現を抑えるため、DNAの構成要素「グアニン」が四重らせんを形成する。一方、四重らせん構造が酸化損傷を受けると、疾患遺伝子の発現を防ぐ機能を失うという。

今回、四重らせんの機能回復に、ピレンを共有結合した核酸分子が有効だと分かった。核酸分子はグアニンと同様のDNA配列を持つため、酸化損傷を受けた部分と置き換えることができる。ピレンの分子構造は平面であり、四重らせんへ上からふたをするように構...

(残り:107文字/本文:507文字)

(2018/4/27 05:00)

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる