[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ウーバー、サンディエゴでドローン宅配 米政府の商用実験プロで

(2018/5/10 13:30)

  • コスロシャヒCEOは30分以内での食事宅配の実現可能性を示唆した(ブルームバーグ)

 米ウーバー・テクノロジーズは、カリフォルニア州サンディエゴで小型無人機(ドローン)による食品宅配を提供する計画だ。ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。米政府が9日に承認した広範な商用ドローン実験プログラムの一環。

 コスロシャヒCEOは、ドローンが行うか人間が行うにもよるが、5-30分での食事宅配が見込めるとし、「ボタンを押すだけで玄関先まで食品が届く」と語った。同CEOはロサンゼルスでのウーバーの会議で行われたブルームバーグとのインタビューで、 同社が今や世界最大の食品宅配業者だと述べた。

 米運輸省は商用ドローン実験の協力先として、10の州政府・地方自治体などに加え、 アルファベットやフェデックス、インテル、クアルコム、ウーバーなどの企業を選んだと発表した。

 コスロシャヒCEOは、3月の死亡事故以来中止している自動運転車の実験については、米運輸安全委員会(NTSB)の調査が完了次第、「今後数カ月」以内に再開するとの見通しを示し、同社が調査に協力していると説明した。(ブルームバーグ)

(2018/5/10 13:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン