[ 商社・流通・サービス ]

相鉄、JR直通車両発注 J―TRECに6編成

(2018/5/11 05:00)

  • 東急相互直通用に2月導入した新型車両「20000系」

相模鉄道は新型車両「12000系」6編成の製造をJR東日本子会社の総合車両製作所(横浜市金沢区、J―TREC)に発注した。2019年度下期に開業予定の新線「相鉄・JR直通線」を経由してJR線で新宿、渋谷方面に乗り入れる車両。今後、デザインや仕様など詳細を詰める。新型車両は18年度内に1編成を受領し、開業までに残り5編成を導入する計画だ。

相鉄の「12000系」は4扉車10両で1編成。相鉄は駅舎や車両、制服の基本概念を統一し、認知度や好感度向上を狙う“デザインブランドアッププロジェクト”に取り組んでおり、車両内外装のカラーリングにも反映される見通し。

J―TRECのステンレス車両「サスティナ」を採用する。サスティナは車体を共通化して初期費用や保守費用を抑えており、デザインや機能は顧客ごとに対応している。兄弟車にはJR東の山手線「E235系」、京王電鉄「5000系」、東京急行電鉄「2020系」などがある。

相鉄は、22年度下期に開業予定の新線「相鉄・東急直通線」向けでも新型車両「20000系」を導入。2月から1編成が相鉄線内で営業運転している。同車両では日立製作所のアルミ車両「Aトレイン」を採用した。

相鉄・JR直通線は相鉄線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)と、JR東海道貨物線の横浜羽沢駅(同神奈川区)を結ぶ延長約2・7キロメートルの連絡線。相鉄線沿線から都心への所要時間が短縮し、沿線の魅力向上が期待されており、開業に向けて地上設備の準備が進む。

相鉄のJR線乗り入れ車両は新型「12000系」と既存の「11000系」を予定する。

(2018/5/11 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる