[ オピニオン ]

社説/指定国立大学 国に言われる以上の改革を続けよ

(2018/6/8 05:00)

研究・教育・社会貢献で世界トップクラスを目指す大学を、文部科学省が支援する「指定国立大学」制度が本格化した。国に言われる以上のことを自ら企画し、経営などを改革する新たな大学ブランドに注目したい。

指定国立大学は2017年度からの新制度で6月に東北大学、東京大学、京都大学が、18年3月に東京工業大学、名古屋大学がそれぞれ指定された。名大は岐阜大学との経営統合の議論が注目を集めているが、これは指定に向けたプランを練る中で具体化してきた。

政府は大学の連携・再編の大きな方向性を議論している。名大は指定国立大の構想を練る中で、旧帝大で最も規模が小さいことを振り返り、統合による競争力強化へと自らかじを切った点が興味深い。

指定国立大のポイントは、日本の大学の弱みとされる財務基盤の強化に向けた計画だった。新事業創出のインキュベーション施設、キャンパス有効利用の再開発事業、100億円の寄付基金などが各大学から上がっている。文科省高等教育局の義本博司局長は、同制度により「大学の機能強化に向け、特に執行部の間で強い意識改革が進んだ」と効果を強調する。

東大を除く4大学が採用したプロボスト(総括理事・副学長)制も目新しい。これは学長が学外資金獲得を中心とする渉外活動に力を注ぎ、プロボストは部局の意思統一など学内のまとめ役をするもので、米国の大学で成功したスタイルだ。私立大学で理事長が経営を、学長が教学(教育と学問=研究)を見る形とも重なる。

指定国立大への申請には国際化や外部資金の数字のハードルがあり、クリアしたのは7大学。大阪大学と一橋大学が指定候補のまま残るが、両大学は2回目の申請を見送った。一方で旧7帝大のうち北海道大学、九州大学は、申請可に転換すべく学内の議論を進めている。

今の指定は国立大の第3期中期目標期間中(21年度まで)のものだ。第4期に巻き返しを期す大学を含め、同制度による改革推進に期待したい。

(2018/6/8 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる