[ オピニオン ]

社説/働き方改革 高プロ適用要件の明確化を

(2018/6/15 05:00)

安倍晋三首相が最重要法案と位置づける働き方改革関連法案審議が大詰めを迎えている政府与党は6月20日の国会会期末を延長しても成立させる構えだが、複雑で分かりにくい一括法案を国民に丁寧に説明することが求められる。

最大の焦点は、高収入の一部専門職を労働時間規制から除外する高度プロフェッショナル(高プロ)制度の導入の是非。自民、公明両党と日本維新の会、希望の党は5月、高プロ対象になった後に自らの意志で離脱できる規定を明文化した。

野党の一部と合意したことで今国会中の成立が濃厚となった。しかし、高プロ導入については立憲民主党、国民民主党、共産党などは「働かせ改革だ」「米国のホワイトカラー・エグゼンプション(WE)と同じ制度だ」などと依然として反発。高プロの削除や厚生労働省・労働政策審議会への法案差し戻しなど反対の姿勢を強めている。

労働基準法では、残業が一定の月60時間を超えれば企業側は割増賃金を支払う必要がある。しかし、高プロの対象となる人は労働法制が適用されず、残業代ばかりでなく、深夜労働や休日出勤の割り増しも無い。

ただ、労働者側は、導入当初は高度な労働者に限られていた派遣労働者がなし崩し的に製造業にも適用され、格差が拡大したトラウマがある。一方、安倍首相は第1次安倍政権時代に年収900万円以上を対象としたWE制度の導入を検討したが、今回同様、野党や労働組合の激しい反発を受けて法案提出を見送った苦い経験がある。

金融やIT分野では、給与体系を「労働時間」よりも「労働の成果」にした方がふさわしい労働者は急増しているからだ。ただ、米国ではタクシー運転手など低賃金労働者などにもWEが適用され、長時間労働と健康被害がまん延。日本とは逆に規制に乗り出している。対象となる年収が引き下げられるという保証もないのが気がかりだ。

政府・与党はこうした実態を丁寧に説明し、適用年収要件や職種のハードルを下げないことを明確に示すべきだ。

(2018/6/15 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる