[ オピニオン ]

産業春秋/少し前の常識

(2018/9/13 05:00)

高校野球の夏の甲子園大会で、おやっと思ったのが選手のガッツポーズに対する審判からの注意。その理由が、国際大会などで派手にやり過ぎると相手が侮辱と見なし、仕返しに死球を当てられることもあるからだという。

少し前は確か、単に高校生らしくない態度だという理由で注意を受けていたはず。野球の国際化が進んだせいなのか、時代の変遷を感じさせられた。

最近、ちょっと前の常識がすっかり変わってしまい、ニュースを見て「今はそうなってるの?」と驚くことが多い。企業の取材をしていて最も強く感じたのが“職人”の捉え方。久々に中小企業を回る職場へ移ったところ、数年前とは大きく変わっていた。

「職人頼みから早く脱しないといけない」「職人仕事なので新しい技術や製品を導入できない」など中小の社長からはネガティブな言葉ばかり。少し前は職人の技こそが強みだったのに。

職人の多くが高齢者となり世代交代が急務にもかかわらず、若手は人手不足。自動化したくても職人仕事はなかなか機械化できず、困っている中小がとても多い。し烈な国際競争を勝ち抜く上でもこの問題は待ったなし。日本の企業から控えめなガッツポーズすら出てこない事態は避けたい。

(2018/9/13 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問
第4版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験「機械部門」合格への厳選100問 第4版 合否を決める信頼の1冊!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい養殖の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい養殖の本

引き継がれる中小企業
後継者15人の「事業承継」奮闘物語

引き継がれる中小企業 後継者15人の「事業承継」奮闘物語

実務に役立つ 
販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

実務に役立つ 販売士&販売スタッフ必携ポケットブック

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方
機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

シッカリわかる図面の解読と略図の描き方 機械図面の図形線をきちんと読み取って正しい略図を描く

製品設計者の手戻りをなくす 
プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

製品設計者の手戻りをなくす プラスチック金型・成形 不良対策ファイル35

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン