[ オピニオン ]

産業春秋/建設現場のIoT・AI導入

(2018/9/19 05:00)

建設産業でIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)の導入が活発だ。特に現場の安全管理や事故防止のための利用が広がる。

一例が夏場の熱中症対策。シャツ型の生体センサーや腕時計型のIoT機器を身につけ、心拍数を取得する光景も増えてきた。作業員一人ひとりの体調変化を即時に把握し、体調管理に生かす。

事故防止にもAI応用が進む。大林組が開発した安全装置は建機に設置した複数のカメラが作業員を高精度に認識、接近の恐れを検知すると強制的に建機を停止し接触事故を防ぐ。検知精度を高めるためAI技術のディープラーニング(深層学習)を使い、建設現場で想定される作業姿勢や世界中のヘルメット形状を学ばせた。

清水建設はトンネル災害事故の大半を占める切羽(掘削面)崩落災害と重機接触災害に着目する。「下げ止まっている災害発生件数をゼロにしたい」(河田孝志常務執行役員)と、次世代型トンネル構築システム開発に着手した。

IoTやAIを駆使して切羽の形態、作業員の状況や位置、坑内環境や車両の情報を取得・分析し、客観的な危険予測を目指す。現場の安全確保という課題をいかに解決するか、白熱する研究開発が道を拓(ひら)く。

(2018/9/19 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる