[ 政治・経済 ]

防災産業会議、防災科研と覚書 災害情報、利活用で連携

(2019/1/25 05:00)

  • 覚書の調印式で握手する日本防災産業会議の相澤会長(左)と防災科研の林理事長

日本防災産業会議(事務局=日刊工業新聞社)と防災科学技術研究所(防災科研)は、両者が収集・作成する災害情報の提供・使用許諾について覚書を締結したと24日発表した。国内での大規模災害時に防災科研が提供する情報を防災産業会議の会員が利活用できるようになる。防災産業会議は、防災に関する産学官の横断組織。

会員企業が自社拠点とともに災害情報をマップ上にビジュアルに表示し、災害対応支援などに役立てられる。

防災科研は災害対応支援などを目的とした「クライシスレスポンスサイト」で災害情報を公開しているが、政府・自治体向けが中心だった。覚書では防災産業会議会員が持つ民間の災害情報の防災科研への提供も盛り込まれ、官民連携で災害対応力の一層の向上を狙う。

連携について、防災産業会議の相澤益男会長は「世界に類を見ない災害対応情報システムの構築が期待される」、防災科研の林春男理事長は「災害に強い社会を目指す上で産業界との連携は必要不可欠。その先駆けとして積極的な協働を進めたい」とコメントした。

(2019/1/25 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる