[ オピニオン ]

産業春秋/勝者が創る歴史

(2019/3/14 05:00)

歴史とは娯楽や教訓となるものが後世に残ると思っていたが、少し考えが変わってきた。最近の歴史学者がいわゆる“陰謀史観”的な見方に警鐘を鳴らすようになってきたからだ。

勝者が歴史を創るとも言われ、これらを割り引く必要はあるが、当然と思っていた話も最近の研究で否定され始めている。実在の人物が登場する歴史ドラマにも脚色や誇張がかなりある。

例えば、本能寺の変で明智光秀が謀反を起こした理由。宴席の面前で光秀が侮辱されたり、領地を召し上げられたり、もっともらしく描かれている。公家などによる陰謀説もかまびすしいが、いずれも決定的な理由ではないそう。

件の歴史学者によると、そうした話は江戸時代に創作されたケースが多い。講談師などが面白おかしく人を引き付けるため、今の言葉で言えば「話を盛っていた」のだとか。これでは娯楽や教訓に歴史が使われたのであって主客転倒だ。

トランプ米国大統領の登場で完全に定着した“フェイク・ニュース”。話を盛るどころではない。為政者が都合のいい話を歴史に残そうとするのは常とう手段だが、少なくとも、その弊害が世界を混乱に陥れたという教訓は紡げるよう、報道機関としての使命を保ちたい。

(2019/3/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる