[ オピニオン ]

社説/桜田同友会きょう発足 先人に負けぬ個性を期待する

(2019/4/26 05:00)

経済同友会は26日に開く通常総会で、桜田謙悟SOMPOホールディングス社長の代表幹事就任を正式決定する。保険業界出身の財界首脳は、経済3団体では初めて。金融業界出身も、同友会の代表幹事だった故・中山素平氏(日本興業銀行頭取)以来となる。

小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)は、15人の副代表幹事の中から後任に桜田氏を選んだ理由として「時代感覚」と「若さ」を強調した。桜田氏はSOMPOの経営体制を刷新し、働き方改革でもトップランナーと目されている。また代表幹事就任時に63歳と財界首脳としては若く、その分、体力もある。次の時代のリーダーとして期待できる。

ただ若いということは、一面で財界における経験が豊富ではないことでもある。同友会での活動歴は短く、かかわった議論も多くはない。

小林代表幹事は、就任前から理論家として知られた。多くの課題に明確な判断を示し、その理由や背景を自分自身の言葉で説明する姿勢は、個性を求められる同友会のトップに適任だった。桜田氏の財界人としての個性は、まだ知られていない。また桜田氏が現職の社長であることも、財界活動との両立を難しくする恐れがある。

同友会は経営者個人の集まりという点で経済3団体の中でも特徴のある存在だ。過去にも武田薬品工業の長谷川閑史氏のように、社長と代表幹事を両立したケースがある。桜田新代表幹事に求められるのは、財界リーダーとして先人に負けない個性を発揮することに尽きる。

“ライバル”は手ごわい。経済3団体のうち経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)は、従来にない踏み込んだ発言と行動で、財閥均衡という古い経団連のイメージを一新しつつある。日本・東京商工会議所の三村明夫会頭(日本製鉄名誉会長)は明晰(めいせき)な発言で財界をリードするだけでなく、3期目を目指す長期政権で存在感を増している。桜田同友会には、既存の財界にはない新たな一面を切り拓いてもらいたい。

(2019/4/26 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン