[ オピニオン ]

産業春秋/MR検査の可能性

(2019/5/10 05:00)

建設産業に情報通信技術(ICT)が浸透している。設計や施工で建物の3次元モデリング技術「BIM」が普及、先端技術を駆使した試行が相次ぐ。

竹中工務店と日本建築センターは、そのBIMと複合現実(MR)技術を建築確認の検査に利用した。BIMモデルを投影させたMR用ヘッド・マウント・ディスプレーを装着し、検査用BIMモデルと実際の検査対象物を重ね合わせて目視検査する。初の事例とみられる。

中間検査で構造部材を断面寸法、材料種別ごとに色分け表示し、鉄骨やブレース(筋交い)の位置、断面、材種の三つを確認。完了検査も設備機器・器具、配管・ダクトを種別や系統で色分けし、視認性を高めた。空間を把握する確度が上がり、効率的で的確な検査が可能になった。

「共有クラウド」を使い、質疑をタブレット端末で設計者や施工監理者に送れる。現場に行かなくても指摘箇所をチェックできるため、情報共有をスムーズにした。

今後、両社は実績を重ねて、BIMとMR技術による検査のルール化を検討する。「MRの有効性が分かった。効果が上がる検査に利用していく」(花岡郁哉竹中工務店東京本店設計部設計4グループ長)。MR検査の可能性が広がる。

(2019/5/10 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる