[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ボーイング737、主翼部品に欠陥疑い 米FAAが交換命令、対象300機超

(2019/6/3 09:00)

  • 米当局によると最悪の場合、飛行中に機体損傷のリスクがあり、ボーイングはすでに21機のNGと20機のMAXで欠陥部品が使われている可能性が高いことを特定しているという(15年6月、ボーイングのワシントン州レントン工場=ブルームバーグ)

 米連邦航空局(FAA)は2日、運航停止となっている737MAXを含め、米ボーイングの737シリーズで最大312機の主翼部品に亀裂が入る可能性があるとして、10日以内に交換修理するよう命じた。

 FAAが電子メールで送付した発表資料によれば、ボーイングはFAAに対し、いわゆる前縁スラットトラックが正しく製造されなかった可能性があり、安全性リスクがあると報告した。スラットトラックは離着陸時に翼面積を増やし、揚力を発生させる部品。

 FAAは同機を運航している世界の航空会社に、この不具合がある部品が使われているかを調べ、必要なら交換するよう求める命令を出す予定。

 ボーイングは発表資料で、既に同機を保有する航空各社に修理の必要性を伝えており、運航不能な時間を最小限にするため代替部品を送る計画だと説明した。

 FAAによれば、ボーイングはサプライヤーが製造した不具合のある部品148個を特定。これら部品が搭載されている可能性があるのは737MAX179機と737NG133機で、そのうち米国内にMAXが33機、NGが32機あるという。(ブルームバーグ)

(2019/6/3 09:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる