産業春秋/建物の火災防止

(2019/9/24 05:00)

建物の火災防止は永遠の課題。大手建設会社が人工知能(AI)など最先端の技術を活用した新たな取り組みを始めている。

清水建設の自社物流倉庫を見学した。段ボールなど可燃物が多い一方で、天井が高いために煙が一定の濃度になるまで時間がかかる。既存のセンサーでは火災検知が遅れがちだ。そこでAIとガスセンサーを組み合わせたシステムを開発した。

段ボールやビニールが燃焼した時に発する化学物質を検知する時間は、5―10分間。既存技術に比べて大幅に短い。さらに市販の炎センサーやレーザーセンサーとの組み合わせも可能だ。初期対応によりリスクを低減させる。ホコリを煙と間違えるなど「誤報をどう減らすか」に苦労したそうだが、実験を4カ月繰り返してデータを蓄積。約5000件のパターンをAIに学習させ、精度を高めた。

一方、戸田建設は新築工事中の地下階で発生する火災に備えて、新たな火災報知システムを開発した。煙感知器が音と光に連動し、現場作業員に火災を素早く通知する。安全な階へ避難誘導できる仕組みだ。

火災は出さないのが何よりだが、それでも時に偶発的な事故は起きる。常に最新の取り組みを続けてもらいたい。“安全第一”を願う。

(2019/9/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる