産業春秋/新型ウイルス

(2020/1/29 05:00)

新型コロナウイルスによる肺炎の死者が28日、中国国内で100人を突破した。感染者数は4500人を超えたと報じられる。

やっかいなのは、発熱などの症状が出るまでの潜伏期間が10日間前後あることだ。自覚がない患者が移動することでウイルスはいとも簡単に“飛び火”する。中国政府は感染源と目される武漢市を事実上封鎖したが、すでに500万人が市外に流出したとの情報も。

安政5年(1858年)のコレラ拡大を記した『安政箇労痢(ころり)流行記』によると、6月に長崎で感染が確認され、8月に江戸で大流行して3万人が亡くなった。馬や徒歩が移動の主役だった時代でも数カ月で病気は広がる。航空機が飛び交う現代なら、国境を飛び越えるのはたやすい。

安政のコレラでは“妖怪の仕業”などの流言が民衆を惑わせた。今回の新型肺炎では、関西国際空港で見つかった発症者が逃走したというデマがネットで拡散した。大衆の不安な気持ちは今も昔も同じ。正確な情報を確認する冷静さが重要だ。

政府は武漢からの帰国用にチャーター機を複数回派遣する。情報から遠ざけられた在留邦人にとって朗報だ。しっかりした検疫態勢で帰国を迎え、ウイルスの安易な“飛び火”を防ぎたい。

(2020/1/29 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる