視点/新常態を変革の好機に

(2020/5/26 05:00)

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が、全国で解除された。

諸外国のように厳しい都市封鎖や外出制限をせずに、国民の自粛や事業者の自発的な休業という緩やかな規制のみで、新たな感染者を抑制し、人口当たりの死亡率を低くできている。国民一人ひとりが自覚を持って取り組んだ成果に他ならず、誇るべきことだ。

肝心なのはこれからだ。新型コロナはまだあちらこちらに潜んでおり、我々は感染拡大を招かないことに気を配りつつ、社会経済活動を本格化させていかなければならない。感染第2波が到来しても、活動を極力継続できるような体制を、今のうちに整えたい。

【課題を露呈】

コロナ禍は、日本の危機管理にさまざまな課題があることを明らかにした。

検査や病院の受け入れ態勢が整わず、命を落とした方、病状が悪化し苦しんだ方もいた。世界的に見れば感染を抑え込んでいるのに、国民の政府への批判が強いのは、対応が後手に回り、国民の不安感を増大させたからに他ならない。

休業や売り上げの急減で危機に陥る企業を支援する施策も、支援規模が小出しで、複雑な申請方法が経営者を苦しめた。仕事を失った人も急増した。必要な時に必要な支援が届かないのは、情報が省庁縦割りで保存され、デジタル化されていないためだ。今回浮上した課題を早急に検証し、仕組みを見直していかなければならない。

産業界も変革が求められる。日本は経済活動を再開したとしても、海外ではまだまだ感染拡大が続いている。輸出や海外事業の停滞は避けられない。

低コストを追求するあまり、適地生産という名の下に、海外の一極に生産を集中させていたことも明らかになった。国内生産の意義を再検討するとともに、アジアで新たな拠点を設けるなど、強靱(きょうじん)な生産体制へ事業継続計画(BCP)の練り直しが必要だ。

【変化に対応】

今後は同じ業種でも企業間格差が広がるだろう。規模の大小ではなく、変化に対応できた企業だけが生き残れる。危機の淵に立つ今だからこそ変革に取り組む好機ととらえ、自社の事業構造を見直していくべきだ。

経済の本格回復には、世界で感染拡大を封じ込めることが大前提となる。世界の感染者数は540万人、死者も34万人を超え、まだ増加の勢いは衰えていない。途上国で感染爆発が起こっていることも見逃せない。

【世界の収束へ】

治療薬やワクチン開発が各国で進むが、その成果は世界で共有していくべきだ。一部に開発競争と知的財産の独占を意図した動きも見られる。しかし、世界全体での感染収束が進まなければ、世界経済の復興も実現しない。日本政府は積極的に諸外国に働きかけてもらいたい。

コロナ禍が収束しても、元の日本や世界に戻ることはないだろう。辛い経験をしたからこそ、新常態時代がより良いものとなるよう、変革を続けていきたい。

◇論説副委員長・赤穂啓子

(2020/5/26 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン