産業春秋/敬老の日

(2021/9/20 05:00)

 「世代交代や若い経営者にバトンタッチする若返り人事が良いことのようにされているが、本当に時代に合っているのだろうか…」。ある食品会社のトップが、こんな疑問を漏らした。

 日本社会の高齢化は加速度的に進行しており、総人口に占める65歳以上の割合は3割に迫る勢いだ。このトレンドは先行きも継続が見込まれ、日本の将来は「限界集落」の構造に近づく可能性も指摘されている。

 当然ながら国内市場の年齢構成は高齢者中心になる。この変化を踏まえれば、商品開発やマーケティングも高齢者を主要なターゲットとして構築することが必要になる。

 加齢による身体能力の衰えや健康の不安、嗜好(しこう)の変化は高齢になって初めて自覚することが多いもの。働き盛りには分からないことも多い。それなのに企業トップが若返りを性急に進めれば、「市場にマッチした商品供給がなされるかどうか、はなはだ疑問だ」と冒頭のトップは懸念する。

 「老害」という言葉だけで、市場ニーズを最も知る長寿の経営者を排除するのは得策ではなかろう。きょうは「敬老の日」。周囲が古老を敬うだけでなく、高齢者が自らの知恵と経験を誇る日とすべきではないだろうか。

(2021/9/20 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

はじめての現場改善

はじめての現場改善

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる