三菱ケミG、ホンダと車体用アクリル樹脂開発 低環境負荷

(2023/10/26 17:00)

  • ホンダのコンセプトモデルの車体に三菱ケミカルグループのアクリル樹脂が採用

三菱ケミカルグループは26日、ホンダと共同で自動車ボディー部品向けアクリル樹脂材料を開発したと発表した。ケミカルリサイクル(CR)による生産や塗装レスなど、環境負荷を低減できる点を特徴とする。同材料はホンダのコンセプトモデル「サステナ・シー コンセプト」と「ポケット コンセプト」に採用された。

アクリル樹脂は加熱すると高収率で原料に分解できるリサイクルに適した樹脂。三菱ケミカルグループではCRアクリル樹脂の事業化と併せて、環境負荷の低い自動車部材として提案する考え。CRによるアクリル樹脂は、製品ライフサイクル全体での温室効果ガス(GHG)排出量を従来品に比べて50%ほど削減できると見込む。同社ではアクリル樹脂のCRプラントについて、2025年度の稼働開始を視野に入れている。

同材料は原料段階でさまざまな色に着色できるため、塗装工程が不要となる。塗装工程で発生する二酸化炭素(CO2)の排出削減に寄与する。またアクリル樹脂にゴム粒子を混練することで、しなやかな質感と耐衝撃性の向上を実現した。

(2023/10/26 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン