【早読み特選】日銀、長期金利操作を再修正 1%超容認

(2023/10/31 17:00)

  • 金利上昇を容認することで、為替の円安進行に歯止めをかけたい思惑もある

日銀は30、31の両日に金融政策決定会合を開き、イールドカーブ・コントロール(YCC、長短金利操作)を再修正することを決めた。現在の長期金利が事実上の上限である1%に近づいていることを受け、1%を超える上昇を容認する。日銀が金利抑制に向けて過度に国債を購入し、市場機能の歪みが増大することを防ぐ。金利上昇を容認することで、為替の円安進行に歯止めをかけたい思惑もあるとみられる。

日銀は7月に長期金利の上限を0・5%から事実上1%に修正したばかりだったが、足元では1%に迫っていた。そこで0・5%としていた長期金利のめどを1%に引き上げ、さらに一定程度超えることを容認した。

円安進行にも歯止めがかかる公算が大きい。足元では日米の金利差を背景に、高金利通貨のドルに資金が流入し、円を売ってドルを買う流れが優勢になっていた。金利上昇を認めたことで、一方的な円安進行を抑制できる見通しだ。

(2023/10/31 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン