SBI・台湾PSMC、宮城に半導体工場 29年フル稼働、準先端品を量産

(2023/10/31 17:00)

SBIホールディングス(HD)と台湾の受託製造会社(ファウンドリー)の力晶積成電子製造(PSMC)は31日、宮城県の第二仙台北部中核工業団地に半導体工場を新設すると発表した。国内の車載向けに、28ナノメートル(ナノは10億分の1)以上の準先端品の半導体を量産する。2027年に直径300ミリウエハー換算で月1万枚、工場がフル稼働する予定の29年には同4万枚の生産を目指す。国内の半導体エコシステム構築に向け、人材育成にも取り組む。

  • 握手する北尾SBIHD会長兼社長(左)と黄PSMC会長

SBIとPSMCが設立した工場設立準備会社のJSMC、宮城県の4者で、政府からの補助金を受け取ることを前提に基本合意書を結んだ。

第二仙台北部中核工業団地は仙台市街地から北に約20キロメートルの黒川郡大衡村に位置する。都内で会見したSBIHDの北尾吉孝会長兼社長は「宮城県には多数の半導体関連企業が集積しており、半導体ウエハーの供給先候補企業にも近い」と選定の理由を話した。

27年をめどに車載向けで現在最も需要がある回路線幅55ナノメートルと40ナノメートルの半導体の生産を開始。29年には同じく車載向けに28ナノメートルの半導体や、人工知能(AI)向けにウエハーとウエハーを積層する「ウエハーオンウエハー(WoW)」の量産も行う。北尾会長兼社長は「新工場は半導体の国産化に寄与する」と説明。日本国内の半導体ウエハーの自給率を現在の約5%から31年に約43%に高めることに貢献できるとした。

PSMCの黄崇仁会長は「半導体の強力なサプライチェーンが立ち上がる。日本企業が世界と伍していく上で重要な取り組みになる」などと話した。

(2023/10/31 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン