日系電子部品の世界出荷額、8月2%減 円安加速でマイナス幅縮小 JEITA調べ

(2023/10/31 17:00)

  • 米アップルの「アイフォーン15」向け電子部品の出荷は伸びた

電子情報技術産業協会(JEITA)が31日発表した日本メーカーによる8月の電子部品世界出荷額は、前年同月比2%減の3827億円だった。マイナスは10カ月連続。ただ為替の円安が再加速したことや、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新機種向け出荷の伸びによる押し上げ効果でマイナス幅は7月より縮小した。一方、足元では全米自動車労働組合(UAW)のストライキなどの影響で先行き不透明感も増している。

スマホなどの中で電気を一時的に蓄えたり放出したりして回路のノイズを除去し、電圧を安定させるコンデンサーは同1%減の1264億円。前年同月の実績は超えられなかったものの、マイナス幅は7月に続き縮小した。コンデンサーと組み合わせて電流の波をなだらかにするインダクターも同1%減の275億円だった。

日米の金利差拡大などを背景に、円安が8月に再加速したことが一因だ。電子部品メーカーの海外売上高比率は相対的に高く、海外の顧客との決済はドル建てが主流。このため円安は、円換算した売り上げを押し上げる。

米アップルが発売したスマホの新機種「アイフォーン15」は搭載する有機ELパネルや望遠レンズなどの歩留まりの伸び悩みなどで上位モデルの量産が遅れていたが、8月は回復が進んだもようだ。スマホメーカーによる部品の在庫削減も7月までにほぼ一巡し、電子部品メーカーには実需に見合った発注が入り始めたとみられる。人工知能(AI)の開発や運用に必要な高出力サーバー関連投資の増加も追い風だ。

(2023/10/31 17:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン